日语论文

您当前的位置:学术堂 > 语言学论文 > 日语论文 >

日本的文化“耻的文化”及其变迁(本科)

来源:未知 作者:学术堂
发布于:2014-11-08 共7599字
题目:日本的文化“耻的文化”及其变迁

目录

 

  摘要(详见正文)

  一、「耻の文化」の根源

  二、昔の日本人の耻意识と现代の耻意识との比较

  三、「耻の文化」と「罪の文化」

  四、「耻の文化」の日本の社会に対する影响

  结论

  参考文献

  以下是论文正文

 

  要旨

  日本人は仲间外れにされることを恐れる.だから强く自分を主张することよりも、周囲と同调して、意见が违ったとしても?丸くおさめる?ことをこのむ.つまり自分自身の考えを持って角を立てるよりも、自分を杀してでも人の考えに同调しようとする.そして、?耻?は日本人の生活の中でとても重要な位置を占めている.?耻?は仲间からマイナス评価を受けていることへの意识である.日本の文化は「耻の文化」と呼ばれる.

  昔の日本は农业国であり、弥生时代に始まる稲作文化に必要とされた共同体意识や儒教思想の影响が强いのである.この影响を受けて??耻の文化?が生まれた.农村社会の共同体规制の衰退につれて?现在の日本人の耻意识もずいぶん変わり、だんだん薄くなった.

  「耻の文化」は人目を気にする文化であり、体裁を気にする文化であり、「罪の文化」の方は神を気にする文化と言うことができる.それぞれには长所もあれば短所もある.

  いかなることにも长所と短所との二面がある.耻の文化もそうである.个人の自立性の欠乏と自分の属する集団以外の社会に対する无関心で无责任な态度のような否定面があるかもしれないが、人々を思いやり、集団的な力を促进するような肯定面もある.

  キーワード:耻の文化  罪の文化  耻意识  迷惑  原动力  世间の目.

  摘要

  日本人很害怕和伙伴们分开,因此,比起强烈主张自己,他们更喜欢与周围的人一致,即使自己有不同意见,他们也会委曲求全.也就是说,与其坚持己见表现突出,不如自己忍耐与人保持一致的好.而且,"耻"在日本人的生活中占有很重要的地位.日本的文化被称为"耻的文化".

  过去的日本是个农业国家,受弥生时代稻作文化所必需的共同体意识和儒教思想的影响很强."耻的文化"就在这两种影响下产生了.

  随着农村社会共同体体制的衰退,现在日本人的羞耻意识大大地改变了,渐渐变得淡薄了."耻的文化"可以说是在意别人目光的文化,是在意外在的文化.而"罪的文化"可以说是在意神的文化.各有各的优点和缺点.

  任何事情都有好的和坏的两方面,耻的文化也是如此.存在着缺乏个人自立性和对自己所属集团以外的社会不关心、不负责任的消极一面,也存在着为人着想,促进团体力量的积极一面.

  关键词:耻的文化 罪的文化 羞耻意识 麻烦 原动力 世间的目光

  はじめに初めて「耻の文化」という言叶を闻いたのは、一年生のころだ.その时私は「変だなあ.」と思い、「どうして日本人の文化を耻の文化というのか.」、「耻の文化はどうして生じるのか.」、「その言い方は正しいかどうか.」などいろいろな疑问が私の头に浮かんできた.その时の私は「耻の文化」という言叶の意味を耻ずかしい文化(耻の多い文化)、自慢できない文化、と理解していたのだ.

  耻は他人の批评に対する反応である.人は人前で嘲笑され、拒否されるか、あるいは嘲笑されたと思い込むことによって强く耻を感じる.つまり、「耻の文化」とは、「耻」ということをとても大切にしている文化、のことなのである.

  日本の文化を「耻の文化」といったのはアメリカの文化人类学者ル-ス?ベネティクトだ.当时は第二次世界大戦のために、アメリカは学者を动员して、日本の文化、経済、地理などを科学的に研究したのである.そして、ベネティクトは日本に行くことなく、日本に関する书物、日本人の作った映画、在米日本人との面谈を材料として研究を进め、対象社会から文化类型を抽出しようとする方法に基づいて、名着『菊と刀』を书いた.この着作の中で、「耻の文化」という概念を使用したのである.これが「耻の文化」という言叶が生まれた背景である.

  「耻」という言叶そのものの意味は私たち中国人には、よくない言叶だ.日本人にとってもよくないだろう.だが、日本人はこのように言われても平気である.それは「耻」を大切にしているからであろうか.ではなぜ日本人は「耻」を大切にするようになったのか.现在の日本では耻の文化はどのように変化しているのか……これらのすべてを理解したいと思う.

  一、「耻の文化」の根源

  ル-ス?ベネティクトの『菊と刀』(长谷川松治訳)によれば、日本人は耻辱感を原动力にしている.明らかに定められた善行の道标に従いえないこと、いろいろの义务の间の均衡をたもち、または起りうべき偶然を予见することができないこと、それが耻である.耻は徳の根本である、と彼らは言う.耻を感じやすい人间こそ、善行のあらゆる掟を実行する人である.「耻を知る人」とは、あるときは徳の高い人を、あるときは名誉を重んじる人を指している.日本人の伦理において「耻を知ること」は西洋の伦理において「良心の洁白」、「神に义とせられること」、つまり、罪を避けること占めているのと同じ位置を占めている.

  つまり、日本人の生活においては、耻が最高の位置を占めている.耻かしいと言う気持ちがなくなれば人间は终わりだ.日本人の行动规范は、耻にある.彼らは何をしても、「もしそうすれば、、笑われるだろうか.」「周囲の人はどう思うか.」「人の目に自分がどう映っているか」をとても気にする.いずれの场合においても、耻は强力な强制力となる.もちろん、日本人にも罪の意识が存在する.ただ、日本人は、罪の重大さより耻の重大さに重きを置いている.

  だから、世界の文化を「罪の文化」と「耻の文化」に区别すれば、日本の文化は间违いなく「耻の文化」に属するに相违ない.

  だが、なぜ日本人はそんなに耻を大切にするのか.耻の文化がうまれたのはなぜだろう.それは社会的な原因によるものと思われる.

  「耻の文化」が出现するのは日本の社会的な构造と深い関系がある.はるか弥生时代に始まる稲作文化の影响がある.日本は农业国であり、水稲耕作のため昔から村落共同体を形成していた.村落社会は、「家」を単位として、その家族共同体(「家」のメンバ-)は紧密な结合関系にあり、村落共同体には闭锁的な人伦共同体が形成された.そこで亲密な感情的、情绪的な人间関系が形成されていた.农村では今日もなお、田植えや稲刈りには近隣同士が助け合い、共同作业を行う习惯が一部に残っている.狩猟文化と异なり、定住水稲耕作を维持するためには、常に集団作业と共同体秩序とが必要であった.また、儒教思想の影响も无视できない.徳川幕府は朱子学を取り入れたので、忠孝を重んずる道徳は江戸时代以降特に広まり、「家」制度の强化にもつながった.家长を始め,家族の成员は「家」に従わねばならず、武士阶级は一朝事あれば、御家断絶と、连帯责任を取らされた.独立した个人の意思、个人の主体性は形成されようがなかった.

  こういう背景の中で、日本人は自分の行动に対する他人、特に共同体の成员の批评に常に気を配っている.他人と违う行动をとることを避ける倾向がある.他人がどう思うかを気にし、絶えず他人とバランスをとり、他人から影响を受けたりする.つまり、自分が他人に迷惑をかけているかどうかである.このような见方、态度、行为によって、「耻の文化」といわれる日本人の国民性が形成されてきた.

  二、昔の日本人の耻意识と现代の耻意识との比较

  人间の社会は常に発展している.原始社会から、现在の资本主义社会、社会主义社会へと発展してきた.人间の意识も変化している.日本人の耻意识も例外ではないだろう.

  ここでは日本の社会を戦前と戦後に分けて考えてみたい.戦前の日本は絶対主义的天皇制が支配する社会にあって、阶层制度はとても厳しかった.『菊と刀』に取りあげられているが、日本人には「各々其ノ所ヲ得」という観念がある.この観念も戦後しばらくは残りつづけていた.封建的な阶层秩序に従って、各人は自分にふさわしい位置を占めていなければならないのである.明治维新後はじめて、近代化の道を踏み出し、工业、特に重工业はずいぶん発达して、都市化も始まったが、农业はやはり主要な位置を占めていた.まだ封建的な农村共同体であり、工业に比べると农业の発达は钝く、米作を柱とする零细経営が営まれていた.贫困な农村共同体は低赁金労働力の温床であった.ここでは特に「孝」を美徳にして、「家」が守られており、そのために、戦前の日本の耻意识はとても强く残存していた.

  戦後、农地改革が行われた、しかし、农工の格差のため、农民は子女を工场に出稼ぎに出すことがますます多くなった.特に、高度経済成长により、大量の农民が都市に出た.また、耕耘机やトラクタ―、いろいろな家电制品が普及して、农业の机械化と农村生活の近代化が进んだ.このような近代化と相まって急激な贫困化、过疎化は、农村社会が共同社会として机能としていくことを衰退させていった.

  だから、このような社会构造の変化によって、现代の日本人の耻意识はずいぶん変ってきた.つまり、现代の日本人の耻意识は昔より薄くなっている.

  昔の日本人の耻意识は强い共同体の规制の中で自らが自らを省みて耻ることがないかを问うという倾向が强かったのに対して、今は、他人に迷惑をかけなければ何をしてもいいという倾向が强いようである.つまり、共同体意识がなくなり、日本人の耻意识は昔より、かなり薄くなったと言ってよい.

  昔の耻意识の根本は、名、名誉、自尊心、夸り、伦理、羞耻心、礼仪、节度、廉耻、意志、信念、誓い、约束、规律である.自分が相手の名誉を伤つけたと悟ったらいかなる相手であろうと(子供であろうと、弟子であろうと、部下であろうと、後辈であろうと)その者を怖れ、恐怖する.しかし、もし自分の名誉が耻ずかしめられたと知れば、相手が谁であろうと、将军であろうと、主君であろうと、一人でも报复に行く勇気を起こさせる.徳川初代の将军であった家康に関して伝えられている物语の中にそのよい例が见られる.家康のある家臣は、家康が彼のことを、「あれは鱼の骨をのどに立てて死ぬような男だ」と言ったということを耳にした.武士の面目にかかわるような、死に方に対するこの诽谤は、彼にはとうてい我慢のできないものであった.その家臣はこの耻辱を生涯、いや死んでも忘れまいと誓った.そのために、その家臣は家康を倒してこの耻を雪ぐために敌侧の诸侯に内通し、内部から江戸に火をかけて焼き払うことを申し出た.この话における、この家臣の行为こそ典型的な耻意识のあらわれといってよい.

  それに対して、现在の日本人の耻意识の原因は外闻、迷惑、见栄、噂、批判、不远虑、世间体、世论、外见、他人の意见などのようである.特に高度経済成长期以降生まれの日本人は、他人に迷惑をかけなければ何をしてもいいと思っているようだ.つまり、他人に迷惑をかけなければ、何をしても耻ずかしくない.だが、迷惑の基准がよくわからない.何が迷惑で何が迷惑でないかは、それぞれが自分で判断するしかない.臆病になれば、人に会うことさえできなくなるし、大胆になれば、人の迷惑などぜんぜん気にならなくなる.电车の中で化粧をしてもそれが迷惑かどうかは考えていない.だから、耻ずかしくはない.电车や街で平気で大声で携帯电话をかける.街の中でも乗り物の中でも平気で床に座る.人前での化粧、人前での私的な电话、地べた坐り、これら昔は耻ずかしいこととされていた行为が今では平気で行われるようになっている.耻の意识はどこにあるのだろうか.共同体秩序の崩壊、そして特に高度経済成长期以降、いわゆる人间関系が稀薄になってきたことによって、この倾向はいっそう拡大されつつある.

  三、「耻の文化」と「罪の文化」

  ベネティクトによれば、「真の耻の文化は外面的强制力に基づいて善行を行うのに対して、真の罪の文化は内面的な罪の自覚に基づいて善行を行う.」(『菊と刀』P258)と述べている.

  日本人は「耻の文化」、欧米人は「罪の文化」といわれる.耻の文化は人に迷惑をかけるような耻ずかしいことをしないということを道徳基准とする.一方、「罪の文化」では内面にある神との関系を重视し、宗教的戒律とか良心といったものを道徳基准とする.简単に言うなら「耻の文化」は外面的な人目を気にする文化、体裁を気にする文化であり、「罪の文化」の方は内面の神を気にする文化と言うことができる.

  ところで「人に迷惑をかけない」という道徳基准では、今、日本の大きな社会问题となっている女子中、高生の「援助交际」を道徳的にもとる行为として非难することはできない.「谁にも迷惑をかけていないよ」、「何をしようと私の胜手でしょ」、「あなたには関系ないでしょ」と反论されるからだ.つまり、「お金がすべて」という时代において、「他人の目」を気にしていないと言うことからこのような行动が生まれていると言えよう.また、人知れず、どこかで若者が自杀した场合も「だれにも迷惑をかけない行为」として、「耻の文化」ではこの行为を非难することは困难なのだ.この点、「罪の文化」では、神によって内面化されている性と生命の尊さを根拠として示すことができる.

  「耻の文化」にも「罪の文化」にも长所もあれば短所もある.

  「罪の文化」としての良い面は、神や自らの良心が判断基准となるから、他人に振り回されない主体性や自主性、自分で道を拓いてゆこうとする开拓精神が生まれやすいと思う.他方、他人に左右されないという点は、人の话を闻かない、协调性がない、独善的になりやすいということにまでなってしまうかもしれない.

  「耻の文化」は他人の目に左右されやすいので、周囲に対する気遣いや心配り、谦虚さや协调性などということを结果するであろう.それが日本人には美徳とされていることでもある.しかしこれも悪くすれば、「赤信号みんなで渡れば怖くない.」といわれるように自分の判断による正しい行动を取ることができないような结果となり、本来渡ってはいけない赤信号でも「みんなが渡るのならまあいいっか!」と流されてしまうような迎合性や、主体性のなさ、あるいは信念のない生き方につながる倾向を生じる.

  このようにベネティクトの言う「外面的强制力」は、「罪の文化」とは违って、自分の内面に神(絶対的基准)を持たないがゆえに、まず、外面(他人の存在)を気にする行动を取らざるを得ない、そのような行为のあり方を示している.

  四、「耻の文化」の日本の社会に対する影响

  「耻」を重んじる日本人は、二つの问题点を持つ.第一に、个人の自立性を育てにくい倾向となりやすい.个人においては个としての厳しい责任感に里打ちされていない「甘え」の态度を育てやすいとともに、个人を取り巻く周囲の人々は新しい理想に生きようとする个性を抑圧する倾向を持ちやすい.それで多くの日本人はいつも他人と似たような生活を送っている.彼等は仲间外れにされることを恐れる.自分を强く主张することや周囲の意见と违うことや、个性を展开することなどを好まない.だから暧昧な言叶や、婉曲な意见など色々日本人に特有な现象が现れる.つまり日常生活の中で、模仿が多くなって独创が少なくなる.更に、日常の会话でも、同じような価値観がひょいと顔を覗かすことがある.第二に、自分の属する集団以外の社会に対しては、无関心で无责任な态度を生みやすい.たとえば、「旅の耻はかき舍て」である.

  「耻の文化」には否定的な侧面があるかもしれないが、角度を変えてみれば、「思いやりの文化」ともいえる.世间の一员である自分は自らの行动次第で、耻をかいたり、世间から名誉をえたりする.世间に迷惑をかけないように他人に思いやりをもって行动をすることが求められているからである.これは耻の文化の积极的な一面である.

  もう一つの积极面は耻の文化は日本社会発展の原动力であることである.ル-ス?ベネティクトは『菊と刀』で「日本人は耻辱感を原动力にしている」と述べている.つまり、耻が行动の原动力となっている.场合にふさわしい服装をしなかったことや、何か言い损ないをしたことで、非常に烦闷することがある.この烦闷は时として非常に强烈なことがある.これに人々の行为は拘束されている.真の耻の文化は外面的强制力に基づいて善行を行う.常に耻は强力な强制力となる.ただしかし、耻を感じるためには、実际その场に他人がいあわせるか、あるいは少なくとも、いあわせると思い込むこと、さらには、今、その场にいなくても强く意识する他人が存在していること、が必要である.例えば、名誉のために、自らの心の中に描いた他人に対して理想的な自分にふさわしいような行动をする.つまり、みんなが耻という同じ规则にしたがってゲームを行い、それをお互いに支持しあっているようである.こうして「耻」による(お互いを気にしあう)独特の集団意识が形成され、みんな一绪に顽张る.その结果、国の発展も促进されている.この耻の意识は中国人の道徳にはあまりみられないが、日本の発展の人的な原动力になっているように思われる.

  结论

  ル-ス?ベネティクトが、文化の类型を「罪の文化」と「耻の文化」の二つに分け、日本の场合を後者の典型としてあげて以来、世间の多くの人が、大体それを承知しているように思われる.确かに、耻が日本人の生活において、非常に重要な位置を占めている.他人を判断の基准にして自己の行动の方针を定める.みんなが同じ规则にしたがってゲームを行い、お互いに支持しあっている时には、日本人は积极的に行动することができる.彼らはそれが日本人としての「使命」を遂行する道であると信じる场合には、いっそうゲームに热中することができる.

  こういう耻の文化はずっと日本人の行动を支配している.しかし、社会の変化につれて、耻の文化もかわってきた.今、多くの日本人は确かに外面の他人の目を気にしてはいるが、しかし、自分の中の他人(自己を测る主観的尺度としての他人)の存在は稀薄になっている.つまり、人间関系の稀薄化である.だから、特に、今の若者にとって、「耻の文化」は大きく衰退している.世界経済の一体化に伴って、多くの日本の若者の観念が変わり、ある种の欧米人のように、他人の意见を无视して、自分だけを追求する.このような行动规范が悪いとは言えないが、日本の文化に対して、少し调和を欠くような気がする.伝统的な「耻の文化」には人间としての美点があった.だから、日本人(特に日本の若者)は、伝统の精神に学び、今日に生かしてほしいと愿う.

  参考文献

    豊田豊子 「日本の地理と社会」 凡人社 1996年
    長谷川松治 「定訳菊と刀」 社会思想社
    山田美佐子 「日本の歴史事典」 大創産業 2004年
    李中林 《現代日本概况》 北京航空航天大学出版社 2000年
    土居健郎 「罪と恥」(《日語》第七册課外讀物) 上海外語教育出版社 2005
    松井嘉和他 「日本文化史」 凡人社 1995年

作者单位:
相关内容推荐
相关标签:
返回:日语论文

1.将微信二维码保存到相册

2.打开微信扫一扫从相册识别

1.点击下面按钮复制QQ号

3008635932

2.打开QQ→添加好友/群

粘贴QQ号,加我为好友